中央地区について

武蔵野市中央地区商店連合会の概要

武蔵野市中央地区商店連合会(中央地区)は、武蔵野市の中央部分にあたる、JR三鷹駅北口側の中町・西久保・緑町、関前八幡町、吉祥寺本町3~4丁目、吉祥寺北町3~4丁目に立地する14の商店会の連合会です。

地域の皆さんとふれあい、喜んでもらうことを目的に、これまでも「むチューふれあいまつり」「三鷹駅北口イルミネーション」「人形供養」の定例イベント事業をはじめ、「ふれあいスタンプ」「地域通貨むチュー」など、様々な地域活性化事業を協力して行ってきました。

平成23年度より、中央地区の公式キャラクター「むチュー」をデザインに起用した新たなスタンプ事業、「むチュースタンプ」を開始。「可愛い・集めやすい・使いやすい」という特徴を持つスタンプとして、地域のお客様にも加盟店の皆さんにも喜んでいただけるように、大切に育てていきたいと考えております。

3.11の東日本大震災や福島の原発事故で不安が広がる中、「安心・安全で信頼できる店の集まり」として、中央地区の商店会ならびに各商店会加盟店一同、これからも力を合わせて地域に根付いて活動をしていきます。どうぞよろしくお願いいたします。

平成23年4月
武蔵野市中央地区商店連合会 会長 田辺文彦